2010年09月28日

国勢調査・・・・ひとくちメモ




       国勢調査の調査票は

             配ってこられましたか?



      


    9月23日から、このブルーの袋を提げた方々が各家を訪問して
       「平成22年国勢調査」の封筒を配って回ってます。  icon108

    手渡しが原則なので、9月30日までに
       一世帯に3回訪問しばければなりません。    icon77  
         大変な作業ですね。          icon10

    10月1日(金)を期して実施する国の最も重要な統計調査として
       テレビ・新聞などのマスコミを通じて広報しているはずなのに・・ icon60

    マンションのオートロックや一人住まいのワンルームマンションの
       不在など、なかなか会いださない方が増えています。icon198  

    3回訪問後はポスティングが可能ですので
       封筒が入っている家庭もいらっしゃるかも・・・・
 
    今回からは調査員が回収に回らず
       ポストに投函して良いようになっています。  icon163

    必ず調査票に記入して10月7日(木)までにポストに入れてください!

      調査員の皆さん、本当にお疲れ様です!!  face01  


投稿者: アランカ ◆ 17:00コメント(10)その他、いろいろ

2010年09月26日

出かけてみませんか・・・・ひとくちメモ

      福岡城知っとう?舞鶴公園どうすると?

         今のままでは勿体ない!!



      


    福岡城市民の会と福岡市の提案で、商工会議所や市内の企業などを
      コア・メンバーに、福岡城跡活用をどうするか?・・と
        今年の4月から数回、勉強会を行ってきました。    icon91

    その中間報告として「市民フォーラム」を開きます。市民の方々に
      福岡城を整備して福岡のシンボルになるか?どのように活用できるか?
        など、一緒に考えてみませんか?

   
      日時   10月2日(土曜日)  13:30~16:30

      場所   福岡市立中央市民センターホール

      入場   無料   定員500名



    福岡の中心にある福岡城、今のままでは勿体ない。  icon77

    どうぞ、出かけて聞いて貴方の意見や声をだしてください。

    ツイッターをされる方に、お願いがあります!  icon53

    ぜひ、「福岡城って知っとう?」「なんかフォーラムがあるげな!」と

    日時・場所をつぶやいて下さいませ。      face02

      


投稿者: アランカ ◆ 20:00コメント(2)福岡城のお話

2010年09月25日

まだ収穫できてます。・・・・ひとくちメモ



      暑さ寒さも彼岸まで・・・・


      


    一昨日から急に秋がやってきました。         icon108

    今年の夏は猛暑で、野菜たちは水が欲しくて悲鳴をあげていました。 icon11

    その中で、暑さに強いのでしょうか?ゴーヤは、まだ収穫できています。

    小さなゴーヤ君たちも、いくつもぶら下がっています。

    この急激な涼しさでも、まだ育ちますか・な?      icon66 

    茗荷も枯れ始めた葉をかき分けると、まだ小さな茗荷が顔をだしています。

    雨が降ると、また新しい茗荷が出てきますか・な?    icon79


    一気に秋の風に変わってきて・・・・食欲の秋に・・・ icon124

    この夏の暑さを乗り越えた果物たちは、どうでしょうか?

    実りの秋であることを祈ります。          face01  


投稿者: アランカ ◆ 12:00コメント(2)歳時記かな?

2010年09月20日

親子三代・・・・ひとくちメモ




      息子から敬老の日のプレゼントです。


      


    今朝、宅急便で届けられました。         icon27

    シェフには写真をプリントしたマウス・パッドです。    icon81

    祖父には、同じ写真を大きな額にプリントして飾れるように・・ 

    このようなプレゼントも有りかな?・・・とシェフと私は大笑いです。

    細いスタイルの長男と帽子をかぶった太めなシェフと笑顔の祖父

    早速、祖父のホームへ行ってお部屋に飾ってきました。 (笑)  face02  


投稿者: アランカ ◆ 16:31コメント(4)お年寄りのお話

2010年09月15日

オッぺケぺー節だけではない!・・・・ひとくちメモ

icon77

       来年は川上音二郎没後100年

          意外と知られていない業績も・・・
    icon77


       


    川端商店街入り口に、オッぺケペー節を演じている
         川上音二郎の銅像、ご存知の方も多いのでは?   icon12

    名前だけは・・・オッぺケペー節で自由民権を唄にした人・・?

    それだけでは勿体ない。破天荒の47年の人生のほんの一部を・・ icon63

    博多に生まれた音二郎は14歳で家出。大阪で落語の弟子入りをして
         浮世亭○○を名乗り「オッぺケペー節」で売り出す。   icon53

    その後、自分の一座を率いて東京に出て「板垣君遭難実記」で大当たり  icon77

    この頃、伊藤博文らが贔屓の「貞奴」と結婚。ここらの話はご存知の方も・・

    大当たりして手に入れた大金は騙し取られてすっからかん、手漕ぎボートで
         太平洋に乗り出すが・・??  その後も波乱万丈な生き方・・

    一座を連れて、アメリカ・イギリス・各国を巡演しながらパリ万博へ
         無一文になる時も、名優や政治家・芸術家・錚錚たる方々との
           親交により、外国の演劇を吸収していった。      icon91

    しかし、日本に帰ってくれば演劇の世界では、旅芸人。
         歌舞伎の権威から見れば、天と地の差がある世界
           明治時代の演劇界を色濃く感じられます。

    今の時代、近代演劇の開拓に先駆的な人物だったと大きく評価されています。

    音二郎の、叩かれ潰されても、新しい演劇に挑戦できる行動力と運
        日本初の女優・貞奴のパートナーの強さにも感じるものがあります。

    遺言により「承天寺」に葬られた音二郎
        福博の異色の文化人の一人だと、私の尊敬する某先生の講座から icon26
           音二郎のほんの一部を紹介しました。      face01
 
      


投稿者: アランカ ◆ 22:14コメント(0)本・新聞記事や映画から

2010年09月10日

作品をご覧下さい・・・・ひとくちメモ


   
      生きていた花を押し花に

         生きているような絵に作られた

             82歳の奥様の作品です。



       

       

       

       

        

       

         

        

        


    お客様で82歳のご主人様が亡くなられました。

    この絵など20枚をポストカードに作って差し上げるつもりでした。

    間に合いませんでした。

    これらの作品全てをプリントにして棺に入れていただきました。

    一枚一枚花びらを押し花にして、手のかかった奥様の素晴らしい作品を

    天国にお持ちになられたと思います。    合掌    face06

        
                  


投稿者: アランカ ◆ 17:00コメント(8)その他、いろいろ

2010年09月04日

秋は確実に・・・・ひとくちメモ



       暑いですが、自然は確実に

            秋を運んできています。



      


    固く丸いトゲトゲの中が弾けて割れると・・・
         ほら!もう色づきだした栗が顔を出しています。

    トゲトゲが、茶色に染まる頃
         中の実も食べごろになってポトリ・・と地面へ・  icon77・  

    さあ!もう少しですよ。深まりゆく秋が来るのは・・・
            愉しみに待ちましょう!!     icon108

    
    クリの実を「マロン」と呼んでいますが、クリはブナ科のクリ属

    マロンはトチノキ科のマロニエの実です。      icon91

    マロニエの実を使ってマロングラッセを作っていたのが
       クリの実で代用し・・・
          それが一般的にクリがマロンと言われるように・・・

    もうすぐ、たくさんの栗が出回ります。
       どんなお料理に変身するか・・楽しみですね!  face02     

      


投稿者: アランカ ◆ 19:00コメント(6)その他、いろいろ

2010年09月02日

9月・長月・・・・ひとくちメモ



       9月も残暑が続くそうですが・・・

          空の雲には、少し変化が・・・・??


      


     にらめば けんかに 見つめれば 笑顔に

    人を見るということの大切さ・難しさですね。

    目に係わる「ことわざ」は、山ほどありますね。その中で・・・

       目に角を立てる

       目は心の鏡

       目をむくより口を向け

       目は口ほどにものを言う

       目は人の眼(まなこ)

    目の使い方で、人の表情は大きく変わります。

    相手が気持ちよく、笑顔になれるように見つめていけるといいですね。

      う~ん! 赤ちゃんのひ・と・み   いいなあ!(笑)


  


投稿者: アランカ ◆ 13:00コメント(8)歳時記かな?