2008年02月29日

ひとくちメモ・・・・・・ワイン話とお雛様



     ・・・・・ ワインの話Ⅷ ・・・・・


   ② コート・ド・ニュイ地区・・・・この地区の赤ワインは超一流。

         品種は、ピノ・ノアールがほとんどで芳香豊かでビロードの口当たり

         ワインの王様と呼ばれています。

         * ジュヴレ・シャンベルタンは、完熟したラズベリーの香り

            渋み、酸味、甘味のバランスがとても良いワイン。      icon152

         * ロマネ・コンティは、例年6000本前後の生産量で最も高価なワインです。

            絹のような口当たり、壮麗で気品あふれた香りが長い間

            口の中で余韻を味わうことが出来るワインです。


       当店には、置いていません。ワイン持込は可です。お声をかけてください。



    3月3日は、ひな祭り。 四つの小さな雛飾りを毎日写真で紹介します。


     


     今回は、紙で作ったお雛様。 その昔、紙で作った人形に災厄を託し
   
     川に流して、無病息災を祈ったとされる。  


投稿者: アランカ ◆ 17:13コメント(0)ワインと食材お話

2008年02月28日

ひとくちメモ・・・・・・おめでとうに、どうぞ。

    ひとくちメモ・・・・・・・過去バージョン(昨年の暮れのお話です)


    お祖父様の挨拶で始まりました。  

   「今年一年、皆元気で楽しかった年でした。ありがとう!

   来年もいい年にしましょう。カンパイ!」

   昨夜、当店にお見えのご家族の忘年会風景です。

   お孫さん方との記念写真、お祖母様のケータイでもパチリ。   icon82

   待ち受け画面にでも、なさるのかな?

   「名前だけは知っていました。美味しかったです。ゆっくり、楽しく

   一年を締めくくることが出来、ありがとう」のお言葉に幸せを感じます。   face02


    


      三月は、卒業、進学とお祝いが多い月ですね。

      ご家族でのお祝いの、思い出の一ページにいかがですか。


      こちらは個室です。六名様までどうぞ

      

     


投稿者: アランカ ◆ 22:35コメント(1)こんな時にどうぞ

2008年02月27日

ひとくちメモ・・・・・・季節のスープ



    お料理・・・・・・・今回は5回目でーす。 


              季節のスープが次々と 


     


      今回のスープは、カブのポタージュスープです。   

      まもなく、あの「アサデス」で 絶賛の新ゴボウのポタージュが、ご用意できます。

      でも、ゴボウ以外でも、人参のスープ、さつまいものスープ、ブロッコリーのスープ・・・・icon86

        いろいろなシェフ自慢のスープを、お楽しみ下さい。      face02  


        


投稿者: アランカ ◆ 16:55コメント(2)お料理を、ご覧下さい

2008年02月26日

ひとくちメモ・・・・・・おばさんの何故?

   
   イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故


    今日の新聞記事に「イージス艦長を聴取」、艦長への本格的な聴取は初めてとの事

    何故、今頃、何日たっているの? 真っ先に聴取するのでは?

    艦長たる者、事故を起こしてしまった時、すぐに全ての状況を把握し
  
    原因等のついて調べる為、隊員から確認、その後の対応を

    速やかに報告する義務と責任がある立場の人間では、ないのか?

    順番が違うのでは・・・・・・                           icon79

    今回のイージス艦の対応はもとより、防衛省の情報収集のずさんさ

    あやふやな報告、あまりに幼い(?)多くの行動に、疑問ばかりが・・・・・・

    漁船の乗組員のご家族、仲間の方々のお気持ちを思うと・・・        icon66

       何故、 何故 何故 ・・・・・・



   


     椿は、花がポロッと落ちて、忌み嫌う人も・・・・

     これは、さざんかです。 花びらが、ひらひらと、優しく落ちて・・・・
face06  


投稿者: アランカ ◆ 16:28コメント(1)ちょっと、かたい話?

2008年02月25日

ひとくちメモ・・・・・・おいしいね!

     「おいしいね」   face02


    皆さん、お食事を頂く時「おいしいね」と言っていますか?

    「うちの子は、好き嫌いが多くて困ってしまう」     icon198

    「一生懸命作っているのに、黙ってモクモク食べるだけ」などなど・・・・

    勿体ないですよ!

    「おいしいね」は、料理の最高のかくし味です。     icon06

    お父さん、照れずに、お母さんの料理を「おいしいね」と言ってあげてください。

    食卓のどんな料理にも「おいしいね」の言葉で、ほら不思議、嫌いなものでも口の中へ。

    子どもたちとの会話や笑顔が、きっと増えるはずですよ。     face02


    

   
       白梅が終わりの頃から、紅梅が満開になります。
  


投稿者: アランカ ◆ 16:59コメント(0)子どもと地域のお話

2008年02月24日

ひとくちメモ・・・・・・お知らせ

  今日は、お知らせを書いてみます。     icon63

    福岡城に、天守閣は本当にあったの?      icon66

    夢とロマンを聞いてみませんか?

       3月1日 (土曜日)   1時30分(開場1時)~~4時30分

       福岡市美術館講堂    240名定員・・・・・無料
 

    お二人の大学教授の方々が
    
       「福岡城に五重層の天守閣があった」
  
       「福岡城の新資料発見」

    と題した講演が、催されます。

    大手門、平和台競技場からみえる、お城の広大な石がきを見ると

    福岡城築城400年の歴史の重みを感じます。
  
    お城のあったことさえ知らない方々が・・・・・       icon103

    福岡のお城の回りの探訪を、時々書いてみまーす。




      


投稿者: アランカ ◆ 11:32コメント(0)福岡城のお話

2008年02月23日

ひとくちメモ

   昨日、歩道の点字ブロックを杖で確かめながら、ゆっくり歩いて

     いらっしゃる高齢の男女の方とすれ違いました。 ご夫婦でしょうか。

   腕を組み、薄いサングラスの男性を支えている女性の足元も

                           おぼつかない様子です。   

   キャップハンディ(障がい者擬似体験) アイマスクを付けたり

     車イスに乗って町を歩いてみませんか?        icon88

   歩道の点字ブロックの上に、自転車や車までもが止まっていることが・・・・  icon208

         やさしい町ですか。 福岡市は?
   icon41  


投稿者: アランカ ◆ 18:00コメント(0)その他、いろいろ

2008年02月22日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

     ・・・・・・ワインの話 Ⅸ・・・・・・・


   ③ コート・ド・ボーヌ地区・・・・  この地区の生産量の80%は、

       力強い熟成した赤ワインが出来ます。残りの20%の白ワインの中で

       世界最高の評判を得たワインもあります。有名なモンラッシェ・・・

       このワインは、ピノシャルドネ種を使いアーモンドや杏などの香りに   icon149

       上品な酸味と力強く、奥深い風味を持っているが非常に高価です。

   ④ マコネー地区・・・・  この地区のプイイフェッセは、フルーティで

       辛口の白ワイン、爽やかでお手頃。マコンビィラージュもお手頃な値段で

       フレッシュな芳香で美味しい白ワインです。

           名前だけでも、知っていれば・・・・・・  ちょっといいかな?


             ワインのゼリーをどうぞ!

      


投稿者: アランカ ◆ 18:01コメント(0)ワインと食材お話

2008年02月21日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

  

   12月25日・・・・・・・・シャンパンの話


    シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方特産の発泡のワインのみを言う。

    黒ぶどうのピノノアールとピノムニュ、白ぶどうのシャルドネから、別々の

    辛口白ワインを作り、ブレンドして瓶内で二次発酵させる。      icon152

    それに甘味(リキュール・ド・ティラーシ)を加える程度で、甘口や辛口となる。

    この地域以外は、ヴァンムスーと呼び、一般的にはスパークリングワイン。

    気軽にシャンパンを・・・は、時としてビックリする値段の時も。ご用心。   icon77

  


投稿者: アランカ ◆ 22:26コメント(0)ワインと食材お話

2008年02月20日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

   時期はずれで、申し訳ありません!   七草かゆは召し上がりましたか。

   芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔と漢字で書いてみました。

   「君がため 春の野に出で若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ」

   百人一首に出てくる光孝天皇の有名な句です。この若菜が七草とも・・・・icon122

   この頃の情景を思い描きながら、疲れぎみの胃腸を癒し

   今年の無病を祈ってみるのもいいですよ。     face06  


投稿者: アランカ ◆ 21:25コメント(0)歳時記かな?

2008年02月19日

お料理・・・・・・・4回目でーす。


    


    ズッキニーの中には、ホタテ貝のムースが・・・・

      春一番の、オードブルです。

    風にも、春の足音が・・・  一足早く、春を味わってください。    face02
  


投稿者: アランカ ◆ 22:44コメント(0)お料理を、ご覧下さい

2008年02月18日

ひとくちメモ・・・・・・卒業のお祝いに


   小学生の卒業お祝いに・・・・とのご予約を頂きました。  icon48

   日頃、感じていたことを、ひとこと。

   居酒屋に子供をつれて行くようになったのは、いつ頃から・・・・・

   高杉良の「青年社長」 居酒屋チェーンの社長がモデルのこの小説。

   昔は、大人が行く居酒屋を、家族が楽しめる?店に、各自が好きな物を

   バラバラに食べるスタイルに、作っていってしまったような気が・・・・・

   同じ料理を、同じように味わいながら「美味しい」ではなく、

   自分の好きな料理だけ「美味しい」と・・・・

   「ハレ」の日には、居酒屋に行く回数を年3回分我慢して

   少しだけ贅沢に、コース料理はいかがですか?   icon28

   お子様にも、量を少なくした同じコース料理をご用意しています。

   おじちゃんと、おばちゃんのアットホームな雰囲気の中で     face01

   ちょと、リッチなフランス料理を、ご家族でお楽しみ下さいませ。  


投稿者: アランカ ◆ 17:03コメント(0)こんな時にどうぞ

2008年02月17日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

  
  1月10日・・・・・・・博多の十日恵比寿さんの時です。思い出してね。/b> 


   十日恵比寿に行ってきました。参拝者は、露店が並ぶ中、ズラーッと

   大勢の人が列をつくっています。福引の「大当たり!」の声が響く中

   30分ほど並んで、お参りをします。

   裏に廻ると、何対もの恵比寿さまが、新しいさおを抱えて笑ったお顔で

   鎮座していらっしゃいます。ここでもお参りをします。    face06

   今年の新しいお札を購入した後、昨年の「えびす銭」を、お返しして

   新しい「えびす銭」を、お借りして財布の中へ入れます。これでお参りは終了。

   ゆっくり植木や瀬戸物の露店なども、見て廻りましょう。
icon122  


投稿者: アランカ ◆ 23:58コメント(0)歳時記かな?

2008年02月16日

お料理・・・・・・3

   当店は、おまかせディナーです。

   お客様が、楽しんで頂けますように毎回、違うお料理をお出ししています。

   召し上がりたいお料理は、お気軽に、ご予約時にリクエストくださいませ。




    


     スズキの中に詰め物をして、パイで包んで焼き上げています。

     手前は、軽くスモークした う・な・ぎ。

     お口の中で広がるスモークの香りと・・・・・うん! 美味しい!・・・・ワインと共に。


    

    


投稿者: アランカ ◆ 23:13コメント(0)お料理を、ご覧下さい

2008年02月16日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

face06 今回から、回数はハズシマス。

   1月15日・・・・・・・成人式の頃の文章です。

  笑顔がはじける新成人たち、おめでとう!

  私は、子育ての一つの区切りとして子供たちに「今後は、何をするにしても

  名前が出る社会、自分の行動に責任を持って」と、言ったことを思い出しました。

  今年は平成20年、この20年の間に子供たちを取り巻く社会は、どう変わったのか。

  良くも悪しくも社会を作っていった大人たち!   

  自分たちの行動に本当に責任を果たしているのか、考えていかなければと思います。  


投稿者: アランカ ◆ 22:45コメント(0)子どもと地域のお話

2008年02月15日

ひとくちメモ・・・・・・ただ今、勉強中

   
  ブログを立ち上げて10日です。
  
  商工会議所のインストラクターの方に、2度目のご指導を頂き

  やっと、コメントの返事もできました。遅くなってゴメンナサイ!   face11

  プロフィールの書き方や、カテゴリーの分け方も知り

  少しずつ、マトメテいきたいと思ってます。     icon81

    今後ともよろしく! 楽しく書いていきます。     face02     


投稿者: アランカ ◆ 11:57コメント(0)

2008年02月14日

ひとくちメモ・・・・・・安宅コレクション

 カテゴリーを、分ける為に、再度書き込みます。

77回・・・・・・・・2月10日

  安宅コレクションに、やっと行ってきました。
  
  祭日の為か、ご夫婦連れや、男性の方が多く見えていらっしゃいました。

  一品、一品、目を凝らし文様、色を味わいました。      icon120

  時代を経ても、心を揺さぶられる陶磁器たちの後ろには、作られた時代と共に

  これらを手に入れる為の、それぞれのドラマが感じられ、物ではない、者を堪能しました。  


投稿者: アランカ ◆ 11:24コメント(0)その他、いろいろ

2008年02月14日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

この記事は、カテゴリーに分けたい為に再度書き込みました。

75回・・・・・・・・2月7日

ワインの話⑪     ワインの基礎の話を9月から始めています。

    コート・デュ・ローヌ地方 ・・・・・ ローヌ川流域で太陽に恵まれ、アルコール度数が高く

    濃厚な強いブーケの赤ワインが主流です。

    北地区は、シラー種のぶどうで 「エルミタージュ」は、香りが強く羊料理にはピッタリな
    ワインです。

    南地区は、グルナッシュ種で 「シャトーヌフ・デュ・パフ」は  ”法王の新しい城”

    と名づけられた代表的な赤ワインです。

    また、辛口のロゼワイン 「ダヴェル」も有名です。  


投稿者: アランカ ◆ 11:03コメント(0)ワインと食材お話

2008年02月13日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

69回・・・・・・・・1月19日

  ワインの話Ⅹ

  ブルゴーニュ地方の一番南に位置するボジョレー地区は、
  
  ガメ種のぶどうから作るフレッシュで気軽に飲める赤ワイン。

  熟成が速やかな為、収穫後1~2年で飲み頃。

  日本でおなじみのボジョレー・ヌーボーは、毎年11月の第3木曜日が解禁日。

  ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーは、指定された39の村から産出された

  ワンランク上のヌーボー。

  この他、クリュ・ド・ボジョレーとして、指定された村で出来た

  「モルゴン」 「ムーラン・ナ・ヴァン」は、コクのある豊かな上質ワインです。    icon152



      ワインに合わせた、美味しいお料理をどうぞ。     face02    


投稿者: アランカ ◆ 20:46コメント(0)ワインと食材お話

2008年02月12日

ひとくちメモ・・・・・・過去バージョン

71回・・・・・・・・1月25日

  新年会に
  icon77    

  一昨日は、商工会議所の女性会新年会に参加しました。

  会頭や市長をはじめ、ご来賓の方々には感謝いたします。

  楽しく賑やかな交流の場を経験し、七十代は勿論、八十代の現役の経営者の方々

  福岡の女性の多彩の顔ぶれに改めて、目標を頂いた気がします。

  強く逞しいことは男性だけでなく、しっかり女性の方々に感じられ

  それらに、しなやかさ愛らしさも加わり、今後の社会を動かす

  女性の力を、頼もしく感じました。     face01





70回・・・・・・・・1月21日

  懐かしい       icon87

  校区の子供育成会で、どんど焼きとぜんざい会を開催。

  民生委員の声かけで、ご年配の方々も集まり、子供たちと昔遊びをしました。

  一番、ワイワイと賑やかに子供たちと、おばあちゃん方が楽しんだのが「すごろく」

  サイコロを振るたびに歓声があがり、一回休み、何個か戻る、うたを歌うまで書かれた

  「すごろく」で、大いに盛り上がりました。

  翌日、お礼のお手紙を頂き、孫のような子供たちと、とても楽しかったことが綴られていました。

  地域で見守るお年寄りと子供たち、大切にしたいものです。      face02  


投稿者: アランカ ◆ 15:22コメント(0)子どもと地域のお話